大丈夫さ

暗闇の中にひとり

悲しみに うずくまっても

さぁ 顔を あげてごらん

君は 知っているはず

いつの日も 守られてた

どんな時も 乗り越えたね

風の音が 聞こえるだろう

大地は 君を 抱きかかえてる

 

この地球に たったひとり

放り出されたと感じても

さぁ 顔を あげてごらん

君は 知っているはず

最後には 無事これたね

辛くても やりぬいたね

風の音が 聞こえるだろう

太陽は 君を 照らし続ける

 

寂しさの中で ひとり

膝を抱え 震えてても

さぁ 顔を あげてごらん

君は 知っているはず

いつだって 愛されてた

優しさに 支えられた

風の音が 聞こえるだろう

大地は 君を 抱き抱えてる

 

風の音が 聞こえるだろう

大地は 君を 抱き抱えてる